広島〇本川小〇校でのわいせつ事件?

広島〇本川小〇校でのわいせつ事件【拡散希望】 というものが、あるブログで書かれている。この記事は、2012年6月5日にそのブログサイトにコメントされたものらしいが、すでに削除されている。ブログも2012年8月で更新が止まっている。内容の信憑性については分からないが、割と具体的な内容で書かれているのが妙に気になる。記事が削除される前に転載しておくことにする。

https://plaza.rakuten.co.jp/1958kn/diary/201206050000/

平成22年4月14日から6月7日の間と、6月25日の午後12時15分~13時50分頃。

昼休憩と午後の授業中に、被害者女児(当時小学1年生)を、同校 空間 〇道 校長(韓国出身)と1年A組担任 中田 〇代は、無理やり体育館や校庭に連れて行き、わいせつ行為とビデオ撮影をおこなった。

平成22年6月25日、1年B組男子生徒(名前伏せ)と他2名が、空間 〇道校長のわいせつ行為をまねて、トイレで被害者女児にわいせつ行為をおこなった。

その他、数名の教師と生徒によるいじめもありました。

当時の広島市教育委員長宛に被害文を提出。

担当者 生徒指導課 小〇原と電話や直接会って話し合いをした。

広島市教育委員会 生徒指導課の小0原は、事実を一切認めず「もし警察に届けを出して、証拠が見つからなかった時は、反対に損害賠償で訴えてやる」と脅してきました。

転校も許さないとの一点張り。

反対に、こちらをあおっては、ニヤニヤと反応を楽しんでいるようなアクドサを感じ対応するたびに、精神的な負担が増していきました。

7月中旬、急に手のひらを返して、転校を許すと言ってきた。

下見の学校見学に行く前に、事前に小〇原に言うように強要された。

8校回る。そのどの校も、すでに小〇原によって裏から手を回されているのは、明白だった。

8月2日より広島〇立牛田小〇校に転校。児童館(キリスト教系マザ〇グ〇スの入った児童館)へ通う。そこで、また事件が起こる。

★広島〇立牛田小〇校児童館でのわいせつ事件

平成22年8月2日~8月31日の間、広島〇立牛田小〇校の児童館職員の せ〇わ先生から、本川小〇校 空間 〇道校長と中田 〇代教師にされたことと同じ被害を受けた。(わいせつ行為とビデオ撮影)

この時、同児童館の1年生女児(名前伏せ)より陰湿に追いかけ回され、Tシャツを定規でやぶかれる被害にあいました。

Tシャツは、被害者女児の誕生日プレゼントに買ったものだった。

★広島〇本川小〇校 空間 〇道 校長(韓国出身)の加害行動

〇 嫌がる女児を体育館に無理やり連れて行き、体育館の床に落ちているゴミを、女児の性器に指で何度も出し入れし、こすった。

そして、加害者校長は、ズボンと下着を脱ぎ男性性器を女児に見せ、女児の性器になすりつけた。

〇中田 〇代(当時1年A組担任)教師に、現場のわいせつ行為をビデオ撮影させた。

〇午後の授業を女児に受けさせず、女児を校庭に無理やり連れて行き、女児の下着の中に手を入れ、胸をもみ、お尻をなでた。身体中をなでまわされ、口・首・肩・胸・乳房にキスをしてきた。

この一連の行為のさいに、女児が逃げ出すのを執拗に追い掛け回し、ストーカーのようにつけねらったアクドサは、学校と言う閉鎖空間における職権乱用であり、一番教師のトップ校長が、やってはいけないことである。

〇校舎ですれ違った時に、女児の頭髪を、アフロヘアーのよになるまでクシャクシャにする嫌がらせをした。

追記、その際に、校長の性器から、しっこのような白い液が散って女児の身体に飛散った。と女児が証言。

もしも、校長が性病を持っていたら、女児の性器の粘膜をゴミ(細かい砂)で傷つけた後、精液が染み込んだら、確実に性病にかかってしまう。

警察は、被害届を受理しない、子供の性器の強い痛みは今だに続いている。

しかし、病院は警察が動かないと診察もしてくれない。ましてや診断書も書いてくれない。

治療もしてくれない。

★当時1年A組担任 中田 〇代 教師の加害行為

〇空間校長と一緒に、女児を無理やり体育館に連れて行き、他生徒が体育館に近づかないように見張り、追い払った後、空間校長が女児へのわいせつ行為と、女児の性器をビデオ撮影した。

〇他児童・他生徒に部屋に近づかないように追い払い、児童館の一室でショーツ1枚になりストリップのような踊りをし、女児に見せた。

〇下校時、児童館行きの1年男子生徒だけを集め、体育館に連れて行き”裸踊り”を見せて、「さあ、男の子達、私にキスをしてもいいわよ」と淫行をおこなっていた。

〇故意に、体育館で女児の足を引っ掛け、顎とひざに打撲をおわせた。

〇1年入学当時から、故意に女児にいじめを行っていた。女児の制服にクレヨンやチョークで殴り書きをしたり、鉛筆の黒鉛を大量に水筒の入った布バックに入れ2度も水筒を使えない(買い換える)状態にした。

持ち物を傷つけたり、制服のボタンを引きちぎる嫌がらせを日常的におこなっていた。

〇授業中に、算数のわからないところを聞きにきた女児に、教えるのではなく、鉛筆で薄く答えを書き、「ここをなぞっとけ」と怠慢な行為。

★1年B組男子生徒(名前伏せ)と他二名の加害行動

〇休憩時間、女児がトイレに入っている時に、老朽化したトイレのドアを、鍵がゆるむんで開くまで、強く蹴り殴り無理やりにこじ開け、トイレに進入し、女児の髪の毛を引きちぎり、嫌がって泣きさけぶ女児の性器の中に、指を入れたり出したりをくり返した。

他2名男子は、女児が逃げられないように、女児を押さえつけていた。

女児の無念を晴らしてほしい。

女児は、大好きだった水泳を、できなくなった。

この先、治療できなくて、問題が解決しなければ、強い痛みが退かないまま。

広島の病院は、信頼できない。

在日や朝鮮日教組や同和事件だと、なにもしてくれない。

役所も教育関係はもちろん、児童関係・母子関係の相談所が一番危険です。

「溺れる犬は棒でたたけ」もう、日本の役所の相談機関は、そうなっている。

後は、ストーカーのように、家の近くで、何度か待ち伏せされ(夜19時半ころ)、気持ちの悪い思いをしました。やめて欲しいと言えば言うほどやってくる、ほんとうに、今から思えば、朝鮮体質ですよ。

それから、当時の広島市教育委員長は、濱本 〇男です。

この人に、直々に文章を送りました。

広島弁護士会 人権擁護委員会にも文章を送りました。

広島弁護士会の人権は、特亜のための人権でした。

すでに、ぴかぴかの左翼広島弁護士会です。

日本人が相談すればするほど、危険な土壌ができあがっています。

実際に、正当な訴えをした日本人保守が裁かれ、特亜や在日の悪行が許されるような異常なことがおきています。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ