新型コロナ、呉市のタクシー会社で3人、愛媛から広島市に来た20代など、県内延べ622人

10月9日、広島県は、新型コロナウイルスの新規感染者が5人と発表された。このうち呉市は同じタクシー会社の30代から60代の事務員3人が感染した。この会社では7日にも別の事務員1人の感染が確認されている。事務員と業務上の接触がないため、運転手については保健所から濃厚接触でないと判断されているが、運転手全員のPCR検査を終えるまで自主的に営業を休止している。

一方、広島市では20代と70代の2人の感染が確認された。このうち20代の患者は愛媛県在住で広島市を訪問中に発症したという。(TSS)

これで県内の感染者数は延べ622人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ