安佐北区の県道で車に追突された女性が死亡

9月30日、広島市安佐北区深川の県道37号で、軽ワゴン車が前を走っていた自転車に衝突した。自転車に乗っていた近くに住む長谷川真弓さん(45)が、まもなく死亡した。警察は軽ワゴン車を運転していた建築業の男を、過失運転致傷の疑いで逮捕した。 

9月30日午後8時25分ごろ、広島市安佐北区深川7丁目の県道で、自転車に乗っていた安佐北区上深川町の長谷川真弓さん(45)が、後ろから来た軽トラックにはねられ死亡した。

安佐北署は、軽トラックを運転していた安佐北区小河原町、建築業沖田昌彦容疑者(52)を自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、現場は片側1車線のほぼ直線道路。(広島テレビ、中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ