新型コロナ、すり鉢状の地形呉市でまたクラスター発生15人追加、県内延べ548人

新型コロナウイルスのクラスターが発生した呉市で9月28日、また新たに15人の感染が確認された。感染者の多くがクラスターが発生した飲食店の利用者の関係者だという。

15人のうち、10人が店の利用者や家族。これで、クラスターに関連する感染者は34人となった。呉市は感染が確認された児童が通う市内の2つの小学校と1つのこども園について9月29日から10月2日まで休校・休園にするとしている。

一方、28日、高齢者2人の感染が明らかになった介護施設について、市は高齢者と職員、およそ220人を対象に検査を行っていて、結果は29日以降に判明するという。

呉市では6日連続で感染者が確認されていて、市はさらなる感染の拡大を防ぐためクラスターが確認された飲食店の関係者などの検査を進めることにしている。(NHK広島)

これで県内の感染者数は延べ548人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ