教師の「わいせつ・セクハラ行為」隠ぺい体質の広島は非公表「森田センセイはどうしてる?」

2019年度までの5年間に「わいせつ・セクハラ行為」で懲戒処分を受けた公立小中高校などの教員が1030人に上るという。このうち約半数の496人が、自らが勤務する学校の児童生徒(卒業生を含む)を対象としていたという。1人の教員が複数の教え子にわいせつ行為を繰り返す例もあり、学級担任など、自校教員から被害を受けた子どもは少なくとも945人に上ることも判明。

自校教員から被害を受けた児童生徒らは計945人に上るが、「プライバシーへの配慮」などを理由に石川、広島、徳島、愛媛の各県と名古屋市の5教委は被害者数を非公表とした。このため実態はさらに多いとみられる。教え子以外では、SNSで知り合った他校の生徒や、学校の同僚などへのわいせつ行為などで処分された事例があったという。

教員の指導的な立場を悪用したわいせつ事案が学校現場で広がっている現状に、専門家からは「学校での権力構造を背景にしており、深刻だ」と調査強化を求める声が上がっているという。

読売新聞が8月下旬~9月上旬、全都道府県・政令市の計67教育委員会に対し、2015~19年度にわいせつなどで懲戒処分となった教員について調査。5年間で計1030人の教員が処分され、このうち496人が自校の児童生徒や卒業生を対象としていた。

「指導」や「面談」と称して教え子を呼び出す事例が目立ち、千葉市では18年、男性教員(当時34歳)が勤務先の2小学校で担任クラスの女子児童7人に計15回、わいせつ行為などをしたとして懲戒免職となった。

被害児童に「誰にも言わないように」と口止めをするケースもあり、高知県では16年、小学校の男性教員(当時29歳)が、修学旅行先のホテルで男子児童の下半身を触るなどして懲戒免職になった。県教委によると13年9月以降に計14人の男子児童が被害に遭ったが、男性教員はこのうち数人に対し、誰にも言わないよう何度も念押ししたという。(読売)


【あわせて読みたい記事】
リンクの記事は、2010年に「キンチョのブログ」から転載したもので、広島の教育界などの不祥事を面白く皮肉って書いたサイトだったが、数年前に閉鎖されている。

教え子に強姦46件!竹原市立中通小学校の元教諭に対し懲役30年(2009年)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ