新型コロナ、16人が感染、60代は呼吸困難で重症、県内延べ532人

9月27日、広島県で新たに16人が新型コロナウイルスに感染した。呉市は新たに14人が感染し、このうち9人は27日に認定された飲食店クラスターの関係者。

呉市によると、感染が確認されたのは呉市に住む20歳代から100歳代の14人。このうち20代が6人、30代が2人、50代が1人の合わせて9人は、27日に呉市が認定した飲食店でのクラスターの関係者だという。

また、30歳代の1人は27日に感染が発表された50代患者の関係者。このほか30歳代から100歳代までの4人については、他の事例との関連はまだ分かっていないという。(TSS)

その他、広島市で60代が1人、福山市で30代が1人、感染した。

広島市の60代は24日から発熱や咳、呼吸困難などの症状があり重症だという。

これで県内の感染者数は延べ532人となった。(県)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ