新型コロナ、卸売市場の従業員など3人追加、県内延べ479人

9月21日、広島市は新たに3人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。70代が1人と、50代が2人でいずれも20日に感染が確認された。

このうち50代の2人は、20日に発表された感染者(80代)の同居家族だという。3人とも発症前14日以内に県外などのへの往来はないという。

50代の1人は広島市中央卸売市場東部市場の事業者の従業員で、市場内で仕分けや加工の作業にあたっていたという。広島市によると、市場ではこの従業員の勤務場所などの消毒作業を実施しているという。22日は通常どおり取引を行うことにしていて、市場業務全体への影響はないという。(HOME)

これで県内の感染者数は延べ479人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ