夜中に60歳が運転する車が散歩中の67歳をはねる

9月18日夜、廿日市市の市道で、交差点を歩いていた高齢の男性が軽自動車にはねられて死亡した。18日午後8時40分ごろ、廿日市市前空の信号機のない交差点で、廿日市市の女性(60)が運転する軽自動車が、犬の散歩をしていた近くに住む男性(67)をはねた。男性は病院へ搬送されたが、まもなく死亡した。

軽自動車を運転していた女性(60)にケガはなかったが、事故のはずみで対向車線で右折待ちをしていた別の軽自動車にも衝突した。この車を運転していた男性(49)にケガはなかった。

軽自動車を運転していた女性(60)は、近くの駅に家族を迎えに行く途中だったということで、警察は、詳しい事故の経緯などを調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ