河井夫妻裁判、元女性秘書が証言「お金に関することは克行代議士に決定権」

公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた前法相の衆院議員河井克行被告(57)と、妻の参院議員案里被告(46)の公判が9月9日、東京地裁(高橋康明裁判長)であり、参院選の会計担当者だった選挙事務所スタッフの女性が「お金に関することは克行代議士に決定権があった」「三つの口座の出入金を毎日報告していた」「小口の資金でも細かく報告を求められたことを証言した。

その一方、「案里議員からは会計報告を求められたことはない」と話した。(共同・中国)


スマホで通帳を撮影してメールで報告

「お金に関することは克行被告に決定権がありました。スマホで通帳を撮影してLINEやメールで克行被告に送っていました。」(会計担当の女性 証人尋問)

さらに、事務所の通帳に記載されていた業者名が消されるなど、改ざんされた形跡があったとも証言した。

「自分は確かに通帳に記入したし、通帳には筆圧が残っていました。資金の流れをわかりにくくするため、代議士(克行被告)や案里被告の意向だと思います。」(会計担当の女性 証人尋問)

また、この選挙をめぐっては自民党本部から夫妻の支部に合わせて1億5000万円の資金が提供されているが、9日午前、検察側が朗読した会計担当者の供述調書では、

「選挙期間中、自民党本部からの資金を投入しても足りないことがあり、克行被告に報告すると、その後、党本部から追加で資金が入金されました。」(会計担当の女性の供述調書)

これまでの証人尋問では、次々と選挙スタッフが証言台に立ち、克行被告が選挙を取り仕切る「総括主宰者」だったことをうかがわせる証言をしている。(RCC)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ