広島地検の職員がJR呉線の列車内で下半身を露出して現行犯逮捕される

9月8日、広島地方検察庁の職員の男がJR呉線の列車の中で下半身を露出させたとして、公然わいせつの疑いで逮捕された。逮捕されたのは広島地方検察庁の職員で、檀上正樹容疑者(48)。

警察によると、檀上容疑者は8日午後6時ごろ、JR呉線の天応駅から呉ポートピア駅の間を走行中の列車の中で、下半身を露出させたとして公然わいせつの疑いが持たれている。

檀上容疑者は帰宅途中だったということで、乗客の女性から連絡を受けたJR職員が通報し、駆けつけた警察官に近くの駅の駐車場で現行犯逮捕された。

調べに対して檀上容疑者は、「下半身を見せるつもりはないし、見せるような行為をしていなかった」として、容疑を否認しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ