19年参院選で落選した宏池会所属元議員も岸田氏をSNSで応援

安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党総裁選挙は、9月8日告示され、届け出順に、石破元幹事長、菅官房長官、岸田政務調査会長の3人が立候補した。投開票は9月14日。岸田文雄政調会長は初めての挑戦となる。

この総裁選では菅氏が最有力候補となっているが、2位争いが重要だという。次の戦い方として、地方票と合わせて2位に入ることで、総裁候補としての存在感をアピールできるからだという。

もし、岸田氏が3位になってしまったら、無役の可能性もあるらしい。

仮に石破氏が2位になってしまうと、安倍批判の立場をとる勢力を無視できなくなるため、菅氏を支持している派閥の一部が、岸田氏に投票する可能性も出てきたという。


2019年7月の参院選で宏池会落選議員が岸田氏を応援

19年7月の参院選で自民党岸田派(宏池会)の現職候補が相次ぎ落選した。岸田文雄政調会長の地盤、広島選挙区でも溝手顕正氏が自民新人との「2議席目」の争いに敗北。7月21日夜のテレビ東京番組に出演した岸田氏は「2人の自民候補を通すのは難しい戦いだとずっと感じていた」と力なく語った。

岸田派は改選1人区の秋田、山形、滋賀の3選挙区でも現職が野党統一候補に敗れた。落選した議員は以下の4人だが、それでも今の岸田氏をSNSで応援し続けている元議員もいる。落選しても、つながっているわけだ。

広島・溝手顕正
秋田・中泉松司
山形・大沼瑞穂
滋賀・二之湯武史

広島の溝手顕正氏は、参院選で落選して間もなくTwitterを閉鎖した。SNSで知ることは出来ないが、たぶん、応援していることだろう。

秋田の中泉松司は、今でもTwitterで岸田氏をリツイートして応援している。
https://twitter.com/mat_nakaizumi

山形の大沼瑞穂氏もTwitterで岸田氏をリツイートして応援している。
https://twitter.com/mizuhoonuma

滋賀の二之湯武史氏は2019年7月22日からTwitterの更新が止まっている。
https://twitter.com/takeshininoyu


選挙戦に敗北した放心状態の岸田氏 19年7月
岸田文雄 宏池会落選

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ