新型コロナ、50代が家族や同僚に感染させるなど新たに4人追加、県内延べ464人

9月8日、広島市は新たに4人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。感染が確認されたのは、いずれも広島市内に住む、50代2人、40代、10代で、性別は公表されていない。

そのうち50代と10代の感染者は9月7日に発表した50代の感染者の同居家族で濃厚接触者。症状はないという。

もう1人の50代と40代は9月7日に発表した50代の感染者の同僚で濃厚接触者。発熱などがあるが、いずれも軽症だという。

いずれも発症前14日以内の海外や県外の往来はなかった。(HOME)

これで広島県内の感染者は延べ464人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ