医師法違反でかいせいクリニックの医師と元市議を逮捕

広島市内でクリニックを開業する50歳の医師が実際には診察していないのに、障害のある人たちのうそのカルテを作成して薬を処方したうえ、診療報酬をだまし取ったとして広島市の元市議会議員とともに、医師法違反などの疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、広島市中区でクリニックを開業する医師の海生英二郎容疑者(50)と広島市西区の会社役員で元市議会議員の関藤雄姿容疑者(46)。

警察の調べによると、2人は一昨年6月から10月にかけて実際には診察していないのに、4人のうそのカルテを作成し、薬を処方したとして医師法違反の疑いと、うその明細書を作って広島市から4000円余りの診療報酬をだまし取ったとして詐欺の疑いがもたれている。

捜査関係者によると、海生医師がうそのカルテを作成したのは、関藤元市議が運営する事業所で働く障害がある人たちで、2人が共謀して診療報酬をだまし取ったとみられている。

警察は27日午後、海生医師が開業するクリニックなどを捜索し、裏付け捜査を進めている。調べに対し、海生医師は、「私がやった行為自体は間違いありません」と供述し、関藤元市議は、「私と海生先生が協力してやったことに間違いありません」と容疑を認めているという。(NHK広島)

関藤容疑者は2011年4月の市議選西区選挙区で初当選。道交法違反(酒気帯び運転)容疑で摘発され、12年9月に辞職した。(中国)




海生医師 関藤 元広島市議


かいせいクリニック 広島市中区

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ