新型コロナ、マツダ社員(2人目)や福岡を訪問した家族など4人追加、県内延べ443人

8月20日、広島市で新たに4人が新型コロナウイルスの感染が確認された。感染者は広島市に住む30代から80代の4人。広島市によると、4人は8月13日から17日にかけて発熱などを訴え、19日、検査で「陽性」と判明した。

このうち30代の2人は同居家族で、8月8日から10日にかけて福岡県と佐賀県を訪れていたという。4人はいずれも軽症。

一方、マツダは安芸郡府中町の広島本社に勤務する従業員1人の感染を発表した。従業員の感染は2人目。マツダによると、この従業員は8月17日に発熱し、19日に陽性が判明。8月8日から長期休暇中で他の従業員との接触はなく業務に支障はないという。
(広島テレビ)

これで県内の感染者数は延べ443人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ