新コロナ、愛知県で発熱があった30代が広島に転勤など3人追加、県内延べ426人

8月12日、広島市は新たに2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染が確認された2人のうち1人は60代の人で、肺炎を発症し、酸素吸入を受けているという。

もう1人は30代の人で、愛知県から転勤してきたという。転勤前の8月3日、頭痛と発熱があり、以後、仕事を休んでいた。広島に引っ越した後、嗅覚に異常を感じて検査を受け、陽性がわかったという。
 
さらに県は、新たに東広島市の30代の感染を確認したと発表した。(RCC)

これで県内の感染者数は延べ426人となった。(県)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/a4c168fab71991fc35db312a039604d020714516

南区で殺人事件

2020/08/13 (Thu) 01:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ