福山市松浜町の喫茶店強盗事件で男3人を逮捕+男1人出頭

20年3月、福山市で3人組が喫茶店に押し入り現金およそ50万円などを奪ったとして、強盗の容疑などで、福山市に住む男3人が8月9日、逮捕された。逮捕されたのは、福山市山手町の無職・延時隼也容疑者(21)と福山市の18歳の男子高校生、福山市曙町の作業員・佐藤豪容疑者(22)の3人。

警察によると、延時容疑者らは20年3月29日、福山市松浜町の喫茶店で70代のアルバイトの男性店員が閉店作業をしていたところ、店員を押さえつけるなどして現金およそ46万円などが入ったショルダーバッグを奪った疑いがもたれている。

警察は、防犯カメラを解析するなどして捜査し、9日、3人を逮捕したという。警察は、3人の認否を明らかにしていない。

警察は、他にも共犯者がいる可能性もあるとみて、詳しく調べている。(TSS、HOME)

福山市松浜町の喫茶店に3人組の強盗が押し入り50万円奪って逃走


出頭してきた男を逮捕 

警察は、3人と共謀したとして、8月12日午後、出頭してきた新井航平容疑者(22)を逮捕した。警察は、新井容疑者を含む3人が金を奪った実行犯で、もう1人が車の運転役だったとみている。4人のうちの一部は、客として喫茶店を利用していて、警察は、営業形態や現金の有無などを確認したうえでの計画的な犯行とみて調べている。(RCC)



延時隼也容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ