工事車両で自宅の敷地を荒らされた男が業者を恐喝

8月9日、東広島市で工事業者に対して現金を脅し取ろうとした男が現行犯逮捕された。工事車両で自宅の敷地を荒らされたことによる腹いせと思われるが、どの程度荒らされたのか、また、現状回復の話は出なかったのかについては不明。

東広島署は9日午後0時25分ごろ、東広島市八本松町篠、自称自営業岡野祐貴容疑者(36)を恐喝未遂の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、自宅近くで工事をしていた会社の役員男性(45)たち2人を8日深夜に自宅へ呼び出し、「工事の車両でわしの敷地がぐちゃぐちゃになった。殺すぞ。修理費用として9日に40万円を持って来い」などと言い、東広島市安芸津町三津の路上で現金を脅し取ろうとした疑い。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ