マダニにかまれた府中市内の70歳女性が死亡

8月8日、広島県内でマダニにかまれたことによる高熱で、府中市内の70歳女性が亡くなっていたという。女性は8月1日に福山市内の医療機関に入院。2日にマダニから感染する日本紅斑熱と判明した。そして4日に死亡が確認された。今年県内ではマダニにかまれた例が41件報告されており、県は注意を呼び掛けている。(HTV)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ