怪しい「県西部」の高校教師が女子トイレにスマホ隠して盗撮

広島県教育委員会は、勤務する県立高校の女子トイレで盗撮をしようとしたとして、男性教諭を8月7日付けで懲戒免職にした。懲戒免職になったのは、県西部の県立高校に勤める32歳の男性教諭。

県教育委員会によると、この教諭は部活動の指導のため出勤していた7月24日の祝日の午前10時半ごろ、女性の下着姿などを撮影する目的で、女子トイレの個室に録画状態にしたスマートフォンを箱に入れ、設置したという。

その後、トイレに入った生徒が気づき、スマートフォンの画像を確認したところ、設置する男性教諭の姿が映っていたという。

生徒から相談を受けた学校が警察に通報し、この教諭は建造物侵入の疑いで調べを受けているという。

県教育委員会によると、この教諭は「ストレスの発散と欲求を満たすため、衝動的にやってしまった。許されることではなく生徒の心を深く傷つけ裏切ってしまった」と話しているという。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

こんなんしかおらんのか

2020/08/08 (Sat) 23:54 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ