「父親の入院治療費が必要なの」女詐欺師真奈美ちゃん再逮捕

広島市で男性と同居していた女詐欺師が再逮捕された。騙し取られた金は400万円になるという。手口はテレビドラマにあるような父親の入院治療費をせがむというもの。気になるのは、騙された広島市の男性は、入院中の父親の本人確認をしていたのだろうか。


7月29日、広島東署は住所不定、無職小川真奈美容疑者(32)=詐欺罪で起訴=を別の詐欺容疑で逮捕した。

逮捕容疑は19年6月27日から7月24日までの間、当時同居していた広島市東区の会社員男性(29)に「くも膜下出血で入院している父親の延命治療のため、お金が必要になった。iPS細胞を使った手術を受けるのにお金が足りない」などと嘘を言い、男性とその親族の女性(53)から計400万円を騙し取った疑い。

小川容疑者は、インターネットで旅行代金を名目に金銭を詐取したとして、警視庁に3月、詐欺容疑で逮捕され、起訴されている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ