欲望むき出しすぎの県立広島病院・漆原貴センセイ再逮捕

女子高校生に現金を渡し、わいせつな行為をしたなどとして、県立広島病院の医師が再逮捕された。警察は、余罪があるとみていろいろ調べている模様。

「児童買春」などの疑いで再逮捕されたのは、県立広島病院の主任部長、漆原貴容疑者(60)。警察によると、漆原容疑者は、19年8月、当時15歳の女子高校生が18歳未満であると知りながら現金を渡し、自宅でわいせつな行為をしたうえで、その様子を撮影した疑い。2人はSNSを通じて知り合っていたという。

漆原容疑者は「行為は間違いないが、相手の年齢は知らなかった」と、容疑を否認しているという。漆原容疑者は、別の少女に対するわいせつ行為などで既に逮捕・起訴されており、警察は、同様の余罪があるとみて調べている。(広島テレビ)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ