神石高原町の国道182号でトラックが10メートル下の川に転落、2人死亡

7月28日、神石高原町で国道を走っていたトラックが、道路沿いの川に転落する事故があり、41歳のドライバーの男性と助手席に乗っていた18歳の男性が死亡した。28日午後4時ごろ、神石高原町油木の国道182号で中型トラックが、道路と並行しておよそ10メートル下を流れる帝釈川に転落した。

この事故で、トラックを運転していた福山市神辺町の会社員、宮原誠さん(41)と助手席に乗っていた福山市加茂町の会社員、熊谷祥舞さん(18)が頭や胸を強く打ち病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

警察によると、現場は片側1車線の見通しのよい直線道路で、トラックはセンターラインを越えて対向車線にはみ出し、さらに歩道脇の柵を突き破って川に転落したとみられるという。

事故当時は雨が降っていて路面はぬれていたということで、警察は事故の原因を詳しく調べている。(NHK広島)




神石高原町 転落事故


神石高原町 トラック転落事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b38de4eba54f1048feb807bc1803806afeed212

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200727-00000442-htv-l34&topic_id=20200727-00000442-htv


余罪多すぎ

2020/07/30 (Thu) 11:00 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ