新型コロナ、飲食店クラスター感染者など4人追加、県内延べ261人

7月26日、広島市は、市内に住む4人が新たに新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。いずれも広島市内に住む50代の男性2人と30代の女性1人、それに性別非公表の40代の1人の合わせて4人。

このうち30代の女性と40代の人は、感染者の集団「クラスター」が発生し10人余りの感染が確認されている接待を伴う飲食店経営者や従業員の知人だという。

広島市は引き続き、飲食店の関係者と接触があった人の調査を進めるとともに、各業界に感染防止対策の徹底を呼びかけている。

また、50代の男性2人については、感染経路はわかっていないという。

これで県内での感染確認は延べ261人となった。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ