新型コロナ7人追加、繁華街の飲食店で感染広がる 県内延べ257人

7月25日、広島市と福山市で、新たに7人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。感染が確認されたのは、広島市が6人、福山市が1人。

広島市は、市内にある接待を伴う飲食店でこれまでに従業員と来店客あわせて11人の感染が確認され、「クラスターが発生した」という認識を示した。この店をめぐっては、経営者と接触した知人などとの関連で、別の飲食店の従業員ら9人の陽性が判明していて、感染者は合わせて20人に上っているという。

広島市は、「さらに感染者が増える可能性がある」として、関係者の検査を進めている。

福山市では、すでに5人の感染が確認されている飲食店に関連して、新たに50代の女性1人が感染していることが分かった。(RCC)

県内の感染者は、累計(延べ)で257人となった。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ