広島県警福山東署の巡査長が広島市の歓楽街で25歳の会社員と殴り合い

広島市中区の歓楽街の路上で会社員の男の顔を殴ったとして、広島県警は7月23日、福山東署地域第三課の巡査長河井昭正容疑者(33)=福山市引野町3丁目=を傷害の疑いで逮捕したという。女性を巡るトラブルだという。最近、ストレスで広島の警察が荒れている模様。


7月22日午後11時40分ごろ、中区薬研堀の路上で、中区の会社員の男(25)の顔を1回殴ってけがをさせた疑い。会社員の男も河井容疑者の顔を数回殴ったなどとして傷害容疑で逮捕された。県警監察官室によると、河井容疑者は「殴ったという記憶はないが、顔面を殴られたという記憶はある」と供述。

会社員の男は「殴ったことも殴られたことも間違いない」と認めているという。

河井容疑者は22日、広島県坂町で県警の昇任試験を終え、午後6時ごろから友人と中区の飲食店で飲酒。店を出た後、薬研堀の路上で帰宅中の20代女性に声を掛けたことに交際相手の会社員の男が気付いてトラブルになったという。

女性は「(河井容疑者に)体を触られた」と話しており、県警は関連を調べる。

県警では21日にも、県警本部の留置管理課課長補佐で警部の世羅利男容疑者(54)が南区の飲食店で知人男性を殴るなどしたとして傷害容疑で現行犯逮捕された。県警は翌22日、各署長や県警本部の課長らに対し、署員や課員が過度な飲酒を控えるよう通知を出していた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ