嫌なこと言われてブチ切れ?居酒屋で教師を殴る蹴るなど大暴れした広島県警本部の男を現行犯逮捕

7月21日、広島市内の居酒屋で知人男性(57)の顔面を数回殴るなどしてけがをさせたとして、傷害の疑いで広島県警本部の留置管理課課長補佐の警部世羅利男容疑者(54)=広島市安佐北区=を現行犯逮捕した。当時は泥酔状態で「よく覚えていないが暴力を振るったことは間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、21日午後11時15分ごろ、広島市南区の居酒屋で、知人の自称高校教諭の男性を引き倒し、腹と頭を数回蹴り、手拳で顔を殴って顔面からの出血を伴うけがをさせた疑い。

県警によると、命に別条はないという。世羅容疑者は今年4月から病気で休職中だった。(共同)



広島県警 知人教師に暴行

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ