逮捕された「へずまりゅう」こと原田将大容疑者が広島・流川で飲み歩いていた

愛知県岡崎市内のスーパーで会計前に魚の切り身を食べたとして、7月11日に窃盗罪で逮捕されたユーチューバーの「へずまりゅう」こと原田将大容疑者(29)が7月17日、新型コロナウイルスに感染していたことが判明したが、山口に移動する前の7月9日に広島市の繁華街・流川に滞在して、飲み屋をハシゴしていたようだ。

原田容疑者(29)は、広島市に滞在していた時期にすでに熱があり、新型コロナウイルスに感染していたと報道されており、広島市内では、今後爆発的な感染拡大が起こりそうな気配だ。実際に今の夜の居酒屋は客でごったがえしていると、うちの社員が言っていたので注意が必要だ。

原田容疑者は、7月11日の朝、滞在先の山口県山口市で身柄を確保され窃盗容疑で逮捕された。その後、愛知県警岡崎署まで移送された。

原田容疑者は、6月29日から7月11日にかけて東京都、千葉県、静岡県、広島県、山口県に滞在し、13日に発熱。15日に岡崎保健所による遺伝子検査を実施したところ、37.1度。翌14日に37.6度と熱があがり、PCR検査をしたところ、コロナ感染がわかった。


7月9日 広島市・流川で滞在中の投稿

本人のTwitterによると、

「今日は広島で泊まるわ!」
「シャムさん今広島おるんっけ?」
「明日は岩国、下松、周南、防府を回るわ!」
「会いたい奴は来てなオラ」

「広島流川なう!」
「去年ハロウィンの撮影で来た以来だなオラ」
「今から広島飲み屋回るんじゃあ!」

と、投稿。


愛知県から山口県まで身柄確保で10人ほどの捜査員が動いており、原田容疑者の感染が判明する前後に急に捜査員らが、ノドが痛い、倦怠感があるとの申告が相次いだという。原田容疑者の感染が判明してから、取り調べ担当の捜査員など3人が感染していることが分かった。

県をまたいで新型コロナウイルスをまき散らした原田将大容疑者だが、いったいどのくらいの感染者が出てくるのだろうか。



へずまりゅう 広島市 7月9日


へずまりゅう 広島市 流川

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ