安芸高田市議3人が議員辞職

現在、東京拘置所で生活中の河井克行被告から、現金を受け取った安芸高田市議3人が議員辞職したという。

19年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、河井克行被告(57)から現金10万~20万円を受け取ったと認めた安芸高田市議会の前議長の先川和幸市議(73)、前副議長の水戸真悟市議(71)、前予算決算委員長の青原敏治市議(69)が7月17日、議員辞職した。

山本優議長(73)に議員辞職願を提出し、受理されたという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ