欲望に負けた広島の市立中学教職員が盗撮で懲戒免職になる

7月15日、広島の市立中学校の教職員が盗撮を繰り返し、さらに女子高に侵入したとして、懲戒免職になったという。

15日、広島県教委は、18歳未満の少女を盗撮するわいせつな行為をしたとして、市立中学校の桑田正貴業務員(50)を懲戒免職にした。広島市教委の教職員の懲戒免職は2018年8月以来。

市教委によると桑田業務員は3年5カ月にわたり、市内の複数の施設で計5回、18歳未満の複数の少女の動画を撮影した。桑田業務員は3月10日、市内の私立女子高に侵入したとして、建造物侵入の疑いで広島南署に逮捕され、処分保留で釈放された。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 2件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6366131

広島県警不祥事

2020/07/22 (Wed) 09:53 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/articles/188afc0fa424a5636b5aae5db691b519ccd29a6e

学校

2020/07/17 (Fri) 10:06 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ