河井夫妻、保釈認められず東京拘置所脱出失敗

7月15日、大規模買収事件で起訴された前法相の河井克行被告(57)と妻の河井案里被告(46)について、東京地裁は保釈を認めない決定をしたという。

克行被告らは2019年7月の参院選をめぐり、票の取りまとめを依頼する目的で、地元議員ら100人におよそ2,900万円を配った罪に問われている。

起訴を受けて2人の弁護人は、先週保釈を請求していたが、15日午前、東京地裁は保釈を認めない決定をした。

起訴内容を否認していることや、証拠隠滅のおそれなどを検討したうえで、保釈を認めなかったものとみられる。(FNN)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ