JR西日本広島メンテックの女性社員がICOCAを使って不正乗車

JR西日本は、グループ会社の社員がICカード乗車券の「ICOCA」を使用して不正乗車を繰り返していたことを明らかにした。

不正乗車を繰り返していたのは、JR西日本のグループ会社「JR西日本広島メンテック」に勤務する40代の女性社員。この女性社員は19年5月から12月にかけて、勤務先の吉浦駅で私的に利用したICカードの入場情報を取り消し、運賃の支払いを免れていた。

JR西日本が、ICカードの処理データを調査した際、吉浦駅で入場情報の取り消しを繰り返していたカードを発見。社内の聞き取り調査で、この女性社員が不正行為を認めた。

女性社員はこれまでに4回、同様の手口で不正乗車を繰り返していたという。(TSS)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ