元カープ投手ジャクソン容疑者が大麻所持で逮捕

元カープの投手だったジャクソン選手(32)が自宅に大麻リキッドを所持していたとして逮捕された。ジャクソン容疑者は今季はロッテに所属していたという。

広島県警によるると、ジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)は7月7日ごろ、千葉市美浜区の自宅に大麻リキッドを所持していた疑いが持たれている。

情報を入手した警察がジャクソン容疑者の自宅を捜索したところ「リキッド」数本などを発見、鑑定の結果、大麻と判明した。押収量は現在鑑定中だという。

警察の調べに対してジャクソン容疑者は「何も話したくない」と話しているという。

ジャクソン容疑者は2016年から3年間カープで投手として3連覇に貢献。メジャーリーグのブルワーズを経て今季はロッテに所属していたが、本人から契約解除の申し出があり、9日に受理したと球団が発表していた。(HOME)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ