土砂災害警戒情報解除したかと思えば避難指示

7月7日、広島では、土砂災害警戒情報を解除したかと思えば避難指示を出しており、情報が錯綜している模様。


土砂災害警戒情報 すべて解除
7月7日、広島県と広島地方気象台は大雨が弱まり、土砂災害が発生するおそれは少なくなったとして広島市と廿日市市に出していた土砂災害警戒情報を7日午前5時50分に解除した。これで県内に出されていた土砂災害警戒情報はすべて解除された。(NHK広島)


広島市で土砂災害の恐れ 約5万2千世帯に避難指示
広島県によると、県内では7日午前9時現在、広島市の東区や安佐南区の一部などで土砂災害の恐れがあるとして計5万2138世帯に避難指示が出ている。市内に93カ所の避難場所を開設し、計111人が避難している。避難者が最も多いのは安芸区の畑賀小学校で19人。(朝日)


広島市内に土砂災害危険区域“紫色''現る
7日14時ごろから、広島市内に気象庁の土砂災害危険度分布図に危険な''紫色''が現れた。午前中はなかったが、午後2時ごろから出現したものと思われる。



7月7日14時 気象庁土砂災害危険度分布図

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ