広島県内大雨警報発令「警戒レベル4」天気図がやばい

広島県は、7月7日朝にかけて断続的に非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みだという。気象台は、土砂災害に警戒するよう呼びかけている。

県内は、停滞する梅雨前線の活動が活発となり、大気の状態が不安定となっており、すでに5日夜からまとまった雨となり、土砂災害の危険度が高くなっているため、気象台は、広島・呉地域に大雨警報を発表している。

坂町には、現在、「警戒レベル4」の避難勧告が出ている。これから7日昼すぎにかけてさらに雨が強まり、断続的に非常に激しい雨が降るおそれがある。

予想される雨量は、いずれも多い所で、7日正午までの24時間で180ミリ、8日正午までの48時間で180ミリから250ミリと今シーズン一番の大雨となる見込み。

気象台は、土砂災害に警戒するとともに、浸水や河川の増水にも十分注意するよう呼びかけている。

この大雨の影響で、県内のJRの在来線は、山陽線や呉線など4つの路線の区間で現在、運転を見合わせている。(RCC)

大雨の影響で運転見合わせ
山陽線 広島~岩国(広島~横川、可部線は運転)
呉線 三原~広
芸備線 備後落合~広島
福塩線 府中~塩町


広島市に「警戒レベル4」発令
6日15時過ぎ、広島市に「警戒レベル4」の避難勧告が発令された。


2020年7月6日大雨 避難勧告


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ