福山市職員が飲酒運転して逮捕される

7月3日夜、福山市の職員の男が福山市内で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは福山市の職員、小森康弘容疑者(34)。

警察によると、小森容疑者は3日午後11時50分すぎ、福山市東町の市道で酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いが持たれている。

パトカーで巡回中の警察官が不審な乗用車を見つけて職務質問したところ、酒の匂いがしたということで、調べた結果、基準値の3倍を超えるアルコールが検出されたことから、その場で逮捕した。

調べに対して、「全くお酒を飲んでないわけではありません」と容疑を認めているという。警察は詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ