新型コロナウイルスを東京から持ち帰って広島、島根、鳥取を巡回した男性

7月 2日、鳥取市の男性が新型コロナウイルスに感染していたという。この男性は6月中旬から東京を訪れ、6月下旬に広島県や島根県を巡回していたという。東京から新型コロナウイルスを持ち帰った可能性がある。


鳥取県は2日夜、鳥取市在住で30代の市保育士男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内4人目で、新たな感染確認は4月18日以来、約2カ月半ぶりとなった。

男性は6月19~21日に東京都を、27日に島根、広島両県を訪問。28日に鳥取市内のイベントに講師として参加したほか、30日まで保育所に勤務していた。同日に頭痛や鼻水の症状が出て7月1日に発熱した。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

広島でも同様のケースが何件かあったけど、このテのは完全にテロ。
逮捕案件。

2020/07/05 (Sun) 18:33 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ