赤ちゃんの首を絞めて殺した24歳の母親を逮捕

7月1日、広島市安佐北区のアパートで、生後1カ月未満の赤ちゃんが死亡しているのが見つかった。警察は首を絞めて殺害したとして24歳の母親を殺人の疑いで逮捕した。

1日午前11時ごろ、広島市安佐北区大林町のアパートに暮らす男性から「妻の様子がおかしい」と通報があり、警察官が駆けつけたところ、生生後1カ月未満の渡邉陽葵ちゃんがベッドの上で倒れているのが見つかった。

病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。警察は遺体の状況などから現場にいた母親の渡邉彩奈容疑者(24)が首を絞めて殺害したとして、1日夜に殺人の疑いで逮捕した。

渡邉容疑者は、通報をした内縁の夫と、陽葵ちゃんの3人暮らしで、調べに対し「間違いありません」と供述し、容疑を認めているという。

警察によると、これまでのところ児童相談所では、陽葵ちゃんについての相談は確認されていないという。発見当時、陽葵ちゃんに着衣の乱れはなく、渡邉容疑者は、取り乱した様子だったという。警察が殺害の動機や詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)



広島市安佐北区大林 赤ちゃん殺害 アパート

広島市安佐北区大林 赤ちゃん殺害 アパート

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ