広島市で新たに新型コロナウイルス感染者確認、県内延べ169人

7月1日、広島市で新たに新型コロナウイルスの感染者が確認された。患者は広島市在住で、性別、年齢、居住地、家族構成などは非公表。発熱、味覚・嗅覚障害、院疼痛あり。現在は36.5度で発熱なしとのこと。

感染者は6月27日に味覚・嗅覚障害が出現。28日に38度の発熱。29日に医療機関を受診(オンライン診療)、医師がコロナウイルス感染症を疑い保健センターへ連絡。30日にPCR検査を実施し新型コロナウイルス陽性と判明。7月1日に感染症指定医療機関(舟入病院)に入院。

本人は、発症前14日以内に海外渡航歴、県外への滞在歴はなく、外出時はマスクをしていたという。通勤等で公共交通機関は利用していない。

感染経路は今のところ不明。クラスター(集団感染)の状況にはない。濃厚接触者等は3人。7月1日午前に3人はPCR検査を受け、1日中には検査結果が出る見通し。(TSS)

広島県内での感染確認は6月4日以来で、感染が確認された人はあわせて、のべ169人となった。


関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

広島の殺人母


https://news.yahoo.co.jp/articles/a8e913f9fcbffdde20e6903ddb875283589182aa

2020/07/02 (Thu) 01:36 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ