愛知県稲沢市議(49)と元石川県議(54)の県外者2人が河井マネーを受け取っていた

6月29日、参院議員の河井案里容疑者(46)の陣営を巡る選挙違反事件で、愛知県稲沢市議(49)と元石川県議(54)の県外者2人が陣営スタッフとして参加し、計約155万円を受け取っていたことが、関係者への取材で明らかになったという。逮捕容疑となった配布先の94人に含まれているという。

陣営には選挙に精通したスタッフが少ないことから、河井克行容疑者の秘書が市議らに応援を求めたという。市議は選対事務局長を務めた。

この市議は参院選があった2019年7月当時、議員ではなく、その後の同市議選で7期目の当選を果たした。克行議員の秘書と知り合いだった市議が先に陣営に入り、20年来の付き合いがある元県議を呼んだ。(毎日)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ