北広島町の宮本裕之議長が議長を辞任

6月29日、河井克行容疑者から現金を受け取ったとされる北広島町の議長が議長を辞任したという。

北広島町の宮本裕之議長が議長を辞任する意向を固め、議会の全員協議会で審議された。宮本議長は、19年3月、克行容疑者から20万円を受け取ったという。

「自民党本部がしっかり支援していくような、体制なんだよという雰囲気でした」(宮本裕之議長)

議員を辞職するか否かについては、「検討中」としている。(NNN)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ