広島西医療センターの医師が飲酒運転で現行犯逮捕

6月27日、広島西医療センター(広島県大竹市玖波)の医師が、飲酒運転で現行犯逮捕された。どこの店で誰と酒を飲んだのかは報道されていない。

広島西署は6月27日午前11時55分ごろ、広島市西区高須台2丁目、国立病院機構広島西医療センター(大竹市)の医師藤原仁容疑者(58)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、同区高須台1丁目の市道で、酒を飲んで乗用車を運転した疑い。同署によると、交差点で追突事故を起こして発覚。呼気検査で1リットル当たり0.6ミリグラムと基準値の4倍のアルコールを検出した。藤原容疑者は、同センターで循環器内科診療部長を務めている。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ