広島市議会沖宗議員が河井マネー50万円受領

河井克行容疑者と妻で参議院議員の案里容疑者が逮捕された選挙違反事件で、新たに広島市議が克行容疑者から現金50万円を受け取ったと認めたという。


「 2回にわたって50万円の授受があったと記事が出ていたが事実です」(広島市議会・沖宗議員)

現金受け取りを認めたのは、広島市議会の沖宗正明議員。1度目は、19年4月の広島市議選のあと、河井克行容疑者が事務所にきて「ご苦労様」と封筒に入った30万円を渡されたという。

2度目は19年6月、克行容疑者が自宅に来て20万円入りの封筒を渡されたという。その際は「家内の選挙を頼む」という趣旨の発言があったという。

「1回目は選挙の慰労やお祝いの性格が強いと思ったが2回目は案里さんの選挙の応援依頼の意味があると思った」(沖宗議員)

2回とも領収書は渡しておらず、検察の聴取にも認めているという。(NNN)

※沖宗議員は6月17日に、「広島市議が本会議中にスマホで株取引をしていた」と報じられたばかりだった。

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

さすが広島城北高校出身や

2020/06/27 (Sat) 02:50 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ