おとぼけ天満市長が辞意、三原市議会が受理

河井陣営からの現金授受について天満市長は6月23日の取材で、「政治生命をかけて授受はないと断言できますか?」との質問に対し、「はい」と答えた。

さらに、「ご本人、家族、後援者、県議通じて?」との質問に対し、「すべてございません」と答えた。

さらにさらに、「現金の提供先に名前が載っていることについては?」との質問に対し、「そこが不思議なんですよ。なぜそれが出たのか不思議なところです」と答えた。


天満市長が辞意

三原市の天満祥典市長は、すでに6月24日、市議会議長に辞職の意向を伝え、受理されたという。25日午後4時から会見を開く予定で、正式に辞意を表明するものとみられる。

天満市長は、かつて県議会議員を務め、案里容疑者と同期で同じ会派に所属。去年の参院選では溝手氏を支援した一方、案里容疑者の街頭演説に参加し「マイクを握った」とも話していた。(HOME)


現金の授受認める

河井案里容疑者が初当選した19年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件を受け、三原市の天満祥典市長(73)が現金の授受を認めた。

「市民全員に心から深くおわびする」と頭を下げたが、これまで授受を否定した理由を「うそではない。返すつもりで預かっていた」と繰り返した。

天満市長は、河井克行容疑者から150万円の現金の授受があったと突然認め、「『先生こらえてください』と言ったが、かなり強引に渡してきた。時期が来たら返そうと考えていた。脇が甘かった」と弁解した。

これまで授受を認めなかった理由は「(克行容疑者が)秘密というので守り通した」と話した。

「市民より国会議員が大事か」との問いには「それだけ(克行容疑者を)固く信じていた」と述べ、これまでの発言がうそだったことは認めなかった。

天満市長は6月30日付で辞職する見通し。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

ウソをつかない政治家を三原市民にみなさんは次こそ選びましょう

犯罪者河井夫妻はいつ辞職するのか

2020/06/25 (Thu) 12:23 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ