参院選の公示日にトイレで背後からいきなりポケットに封筒を入れる克行容疑者

19年の参議院選挙を巡り、河井議員夫妻が現金を配ったとして逮捕された事件で、広島県の元地方議員が「公示日に克行容疑者から受け取った封筒に現金が入っていた」と証言したという。

河井克行容疑者(57)は、19年7月の妻・案里容疑者(46)の選挙で、94人に総額2570万円を配り、案里容疑者はこのうち5人の170万円について共謀した疑いが持たれている。

ある元地方議員は、「去年7月4日の参院選公示日に福山市で開かれた案里容疑者の演説会で出席者の対応などをしていた。会場を離れ、トイレにいたとき、克行容疑者に背後からポケットに封筒を入れられた。数十万円が入っていた」と証言した。

また、公示前に克行容疑者を含む複数人で会食をしていた際には、「克行容疑者から個室に呼ばれ、『家内を頼む』と封筒を渡された。『違反だからだめだ』と何度も断ったが『ガソリン代に』と言われ、受け取った。30万円が入っていた」という。

こうした状況は検察も把握していて、検察は克行容疑者が違法性を強く認識したうえで現金を配っていたとみて調べている。RCC)




2019年 河井案里 福山市 個人演説会

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ