河井克行前法相「やましい政治活動はしていない」キッパリと否定

19年7月の参議院選挙をめぐり、現金を配った疑惑がもたれている河井克行前法務大臣と妻の案里議員が、自民党本部に離党届を提出し受理された。克行議員は「やましい政治行動は行っていない」と強調した。6月17日午後、衆議院本会議に出席した克行議員は報道陣の取材に対し、改めて買収疑惑を否定した。

「地元の皆様に色々とご迷惑をかけて深くお詫び申し上げます。良心に照らしてやましい政治活動そして、法に悖るような政治活動は行ってきたことはありません」(河井克行前法相)

また、参議院本会議に上下白のスーツ姿で出席した案里議員は本会議終了後、報道陣には「コメントできない」とだけ言葉を発した。

「弁護士から(コメントするのを)止められています。申し訳ありません」(河井案里参議院議員)

河井夫妻は「一身上の都合により」と記載した離党届を自民党本部に提出し、受理された。

菅官房長官は「国会議員は与党であろうと野党であろうとかられた疑惑については、しっかり説明を果たしていけく責任があると思っています」と述べた。

検察当局は、17日の国会閉会を待ち、夫妻を公職選挙法違反の疑いで立件する方向で詰めの捜査を進めている。河井夫妻は19年の参議院選挙の際、地元議員など100人以上に総額2千万円を超える現金を渡した疑惑がもたれていて、検察当局は18日にも夫妻から事情を聴く方針。(TSS)




河井克行・案里夫妻 離党

関連記事

スポンサーリンク

コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

2020年6月18日ついにきました

中国新聞報道

河井夫妻本日逮捕へ

https://news.yahoo.co.jp/articles/bd00d4ae480c62373b27ad751915ae82002ea85c

2020/06/18 (Thu) 01:47 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ