福山市南本庄で飲食店従業員に馬乗りになって首を絞めた男を逮捕

6月14日未明、福山市の飲食店で店員の男性の首を絞め、ケガをさせたとして、42歳の無職の男が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、福山市南松永町の無職・西江宏一容疑者(42)。警察によると、西江容疑者は14日午前2時すぎ、福山市南本庄にある飲食店で20代の男性店員を押し倒し、馬乗りになるなどして首を両手で絞め、殺害しようとした疑いが持たれている。

店員は首にケガをしたが、命に別条はないという。

西江容疑者は、「手で首を絞めたが、殺意はなかった」と容疑を一部否認しているという。男性店員は、「理由はわからないが、突然激高された」と話しているという。

店は営業時間中だったということで、警察は、2人に何らかのトラブルがあったとみて、事件の詳しい経緯や動機を調べている。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ