自民党河井陣営が事務員に深夜の割増賃金支払わず(4人目)

自民党の河井案里参院議員(46)の政党支部で働いた元事務員の女性が6月4日までに、昨年7月の参院選中も含め深夜の割増賃金が支払われなかったと共同通信に証言したという。労働面で不当な扱いの疑いが浮上した案里氏陣営関係者は4人目だという。4人のケースは労働基準法や労働契約法に違反する可能性がある。

4人とも参院選前に採用されたが、労務管理や案里氏の夫の克行前法相(57)の言動に不信感を抱き、数カ月の勤務で選挙後に退職した。女性は「参院選が終わり、辞めさせられる方向に持っていかれた」と話したという。事務所は6月4日までにコメントしなかったという。(共同)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ