福山市長にカッターナイフの刃などが入った脅迫状を送りつけた男を再逮捕

4月、福山市長にカッターナイフの刃などが入った脅迫状を送りつけたとして、広島市の無職の男が5月30日、再逮捕された。再逮捕されたのは、広島市西区の無職・佐藤史朗容疑者(49)。調べによると、佐藤容疑者は4月15日から22日までの間に、福山市役所に「市長死ね。殺す。火をつけるぞ」などと書かれた紙切れとカッターナイフの刃を入れた封筒を2回に渡って送りつけ、福山市の枝広市長を脅迫した疑いが持たれている。

佐藤容疑者は、広島市西福祉事務所にも脅迫状などを送った疑いでも、5月19日に逮捕されている。調べに対して佐藤容疑者は、容疑を認めているという。(TSS)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ