新型コロナ、退院した人が再び感染、県内延べ167人

5月22日、広島県は新型コロナウイルスに感染し治療を受けて退院した1人が、再び感染していることが確認されたと発表した。県によると、この人は退院したあと症状が出たため、5月21日に再検査をした結果、陽性が確認されたという。年代や性別などは同意が得られないため公表できないとしている。広島県内での感染確認は、延べ167人となった。(NHK広島)



5月22日 新型コロナ 広島県 

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ