福山市神辺町で住宅1棟が全焼、隣の住宅も半焼

5月16日夜遅く、福山市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかった。16日午後11時20分ごろ、福山市神辺町の長谷川春男さん(70)の住宅から火が出ていると、近所の住民から消防に通報があった。消防車5台が出て、火はおよそ2時間半後に消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人が遺体で見つかったほか、隣の住宅1棟が半焼するなどした。

警察によると、全焼した住宅には長谷川さんと妻、それに息子の3人がいたが、火事のあと長谷川さんと連絡が取れなくなっているという。警察は、亡くなったのは長谷川さんとみて、身元の確認を急ぐとともに、火事の原因を詳しく調べている。

現場は、井原鉄道の湯野駅から北におよそ1キロ離れた住宅地。(NHK広島)



福山市神辺町 火事

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ